iRobotのルンバ i3+の最大の欠点!?クリーンベース周辺を掃除してくれません

iRobotのルンバ i3+の最大の欠点!?クリーンベース周辺を掃除してくれません

iRobotのルンバ i3+はクリーンベース付きのロボット掃除機です。

掃除後、ロボット掃除機本体のダストボックスのゴミを

クリーンベース内の紙パックに吸引してくれます。

このように長期間手入れが不要なルンバi3+ですが、

我が家でしばらく使ってみましたが、最大の欠点が見つかりました。

なんと、クリーンベース周辺を大きく避けて掃除しません。

クリーンベースの周辺はホコリだらけで良いのでしょうか。

ルンバ i3+は長期間ロボット本体の手入れが不要ですが・・・

ルンバ i3+は、ルンバi3にクリーンベースが付いて税込79,800円ですが、64,000円ぐらいで売っているショップがあります。

ルンバ i3は、安いショップで43,000円(通常価格49,800円)です。クリーンベースが付くと64,000円(通常価格79,800円)なので、クリーンベース付きは約2万円高くなります

ここで、クリーンベースについて簡単に説明します。

ルンバ i3+のロボット掃除機本体が掃除を終えて、クリーンベースに戻ると、ロボット掃除機が吸い取ったゴミをクリーンベース内の紙パックに吸い取ってくれます。

クリーンベースは、ロボット掃除機本体のダストボックス内のゴミをどのくらいきれいに吸い取るのでしょうか。ゴミ吸い取り後のダストボックスを外してゴミが残っているか確認します。

この通り、ダストボックスにゴミが残っていないのがわかるでしょうか。

ダストボックスの内部をじっくり見ても、やはりゴミは残っていません。吸引時の音は爆音ですが、こんなにきれいにゴミやホコリを吸い取ってくれるので我慢できます。

このダストボックスは、形状が複雑で人が掃除する場合、かなり手間がかかります。

クリーンベースがあると、面倒なダストボックスの掃除が長期間不要となります。

こちらの動画もご覧ください。

この点でクリーンベース付きルンバ i3+をお勧めしますが、

次の欠点が分かりましたので、少しお勧め度は下がります。

ルンバ i3+はクリーンベース周辺を掃除しません

次の3枚の写真のように、ルンバ i3+のロボット掃除機本体は、クリーンベース付近を大きく避けて掃除を終わってしまいます。

この理由として、ルンバ i3+のロボット掃除機本体がクリーンベースに接近し乗り上げて停止することを防止するため、近づかないよう設定されているのではないかと考えています。

このため、ルンバ i3+が毎日自動で掃除をしてくれたとしても、クリーンベース付近は、いつもホコリが多いままとなります。

次のように、ルンバ i3+の掃除結果をアプリで見ても、クリーンベース付近を掃除していないことがわかります。

どれだけの範囲を掃除しないのか我が家で計測しました

どれだけの範囲を掃除しないのでしょうか。

我が家の2階のカーペット床の部屋で計測しました。

1 ルンバ i3+のクリーンベースを中心に放射状に10cm間隔で紙片を置きます。

2 ルンバ i3+で部屋を2回掃除しましたが、クリーンベース周辺に、まだ多くの紙片が残ります。

3 掃除を3回繰り返しても、クリーンベース周辺の平均30cmぐらい紙片が残っています。

次のように、ルンバ i3+の掃除結果をアプリで見ても、クリーンベース付近は掃除をしていないことがわかります。

対策はあるのでしょうか

考えられる対策は次の2通りです。

1 クリーンベース周辺をハンディー掃除機などで掃除する

2 クリーンベースの位置を時々変える

クリーンベースの位置を変える場合、記憶した間取り図が使えなくなります。

再記憶(マッピングラン)には時間がかかります。しかも、マッピング中は掃除をしません

マッピングラン 記憶した間取り図

再記憶が面倒な方は、部屋を指定しないモードで掃除すると良いと思います。

他社のクリーンベース付きロボット掃除機はどうでしょうか

エコバックス公式動画の1分15秒を見ると、DEEBOT N8+のロボット掃除機本体がクリーンベースのすぐ横を走行している様子がわかります。

これならクリーンベース周辺はきれいになります。ルンバ i3+が79,800円、DEEBOT N8+が69,800円ですので、DEEBOT N8+はルンバ i3+より1万円安いのにクリーンベース周辺をきれいに保ってくれます。

まとめ

ルンバ i3+の最大の欠点が判明しました。

クリーンベース周辺の平均30cmの範囲を掃除しません。

もっと、クリーンベースに接近して掃除して欲しいですね。

精度があまり良くない走行センサーの限界と思われます。

クリーンベース周辺は、ホコリが多い状態となります。