プリンタが突然エラー表示で使えない!何回もヘッドを外してクリーニングするもダメでした

※アフィリエイト広告を利用しています

我が家で使用していたお気に入りのキャノンのプリンタが突然使えなくなりました。

プリンタの表示パネルにエラーが表示され印刷が一切できません

ネット情報により、プリントヘッドを外してクリーニングすると直ったケースも、

さっそく、プリントヘッドをクリーニングするもまったく回復しませんでした。

今まで、キャノンのインクジェットプリンタを何台か使用してきましたが、

いつも突然の故障で買い替えてきました。

キャノン以外のプリンタも考えましたが、今回も、こりずにキャノンのプリンタに買い替えました。

20%還元のdショッピングデーキャノンの1,000円キャッシュバックを利用しましたので、実質、1万円ちょっとで買えました。

目次

プリンタの画面にエラー

我が家のインクジェットプリンタはキャノンのMG7530です。

リビングルームの棚に置いてもすっきりしていますのでお気に入りです。

後、2〜3年は使い続けたいと思っていましたが、

突然、何の前ぶれもなくサポート番号1403のエラーがプリンタの液晶画面に表示されました。

エラー表示の内容は、『プリントヘッドの種類が違います 正しいプリントヘッドを装着してください』です。

困りました、プリントヘッドの種類が違いますと言われても、買ってからプリントヘッドを交換したこともありません。

取扱説明書やキャノンのホームページに、サポート番号1403のエラー表示がでた場合の対処方法があります。

原因は、『プリントヘッドが故障している可能性があります。』

対処方法は、『お客様相談センターまたは修理受付窓口に修理をご依頼ください。』

ということは、修理しか方法はないということです。

なんとか自分でエラーを直せないか

ダメもとで、ネット情報の対処方法を試してみました。

その方法というのは、プリントヘッドを外してクリーニングする方法です。

1 プリンタインク収納部からインク6色をすべて外しました。

2 奥のプリントヘッドを外すために、手前にあるレバーを止まるまで引きます。

3 奥のプリントヘッドを手前に90°回転させながら引き出します。

4 取り出したプリントヘッドのヘッド部分を2個のネジを外して分離させます。

ヘッド部分を分離すると内部までクリーニングできます。

5 プリントヘッドの本体とヘッド部分を分離できました。プリント配線はつながったままです。

6 金色の部分は、プリンタ側と接続する端子です。

7 プラスチック容器にお湯を入れてプリントヘッドを漬けます。

8 プリントヘッドをお湯の中で動かしてインクを流し落とします。

9 お湯が真っ黒になりますので、お湯を替えてプリントヘッドを洗います。

10 インク分を流し終わったら、プリントヘッドを乾燥させます。

このようにして、プリントヘッドのクリーニングが終わりましたので、プリンタに装着しました。

直ることを祈りながら電源を入れましたが、やはりエラー表示が出てしまいました。

その後、何回かプリントヘッドのお湯洗いを繰り返しても、残念ながら、我が家のプリントヘッドは直りませんでした。

これだけ、やっても直らないので修理か中古品・新品に買い替えしかないですね。

(2020年12月6日追記) プリントヘッドの水洗いは、もっと繰り返して行うと、つまったインクが取れることがわかりました。そのように水洗いしていれば、プリンタの買い替えをしなくてよかったと思います。⇒ 詳細は、こちらの記事を見てください。

メルカリで中古品を買う?

我が家のエラーの発生したプリンタMG7530の中古品がメルカリで買えないか調べました。

メルカリに出品されているMG7530は程度の良いもので16,000円ぐらいします。

過去の取引で10,000円から12,000円ぐらいで程度のよいものが出品された時もあったようですが、現時点では見当たりません。

キャノンの新品プリンタが15,000円から16,000円ぐらいで買えますので、中古で16,000円は高いし故障のリスクもあります。

プリンタの中古品は、未使用に近いものが安く出品されないと買えません。

気長に掘り出し物の出品を毎日チェックしている時間もありません。

プリンタの修理代で新品プリンタが買える?

キャノンのホームページでMG7530の修理代金が確認できました。

なんと、14,040円です。新品のプリンタが買える料金ですね。

キャノンの買い替えサービスがお得?

キャノンの修理申込みの画面に、親切にも修理するより買い替えた方がお得との案内がありました。

修理する場合、修理料金14,040円引取料金3,240円合計17,280円です。

買い替えサービスを利用すると、18,360円で新品のプリンタTS8230が2年保証購入特典4000枚ル(2000円相当)下取特典2000枚ル(1000円相当)の特典付きで購入できるそうです。

キャノンの『枚ル』はオンラインショップのクーポンを1枚ル0.5円、JCBギフトカードを1枚ル0.4円で交換できます。

新品のプリンタTS8230が3,000円相当の特典付きで18,360円で購入できるのなら、

18,360円 ー 3,000円 = 実質15,360円ですね。

キャノンは、修理より買い替えを勧めているようです。

(2023年6月29日追記) キヤノンの最新の買い替えサービスは『らくらく買替便です。お得なポイントは4つ、(1)旧プリンタと未使用インクの下取り、(2)保証期間を通常1年を2年に延長、(3)あんしん遠隔サポート、(4)最短翌日出荷で送料無料。

dショッピングデーを利用して買い替え

キャノンの買い替えサービスも魅力的ですが、我が家はdショッピングデーを利用してもっとお得にプリンタを買い替えました。

9月10日は、dショッピングデーです。20%還元されます。

さっそく、キャンペーンにエントリーして、キャノンのプリンタTS8230を注文しました。

送料無料で15,280円です。

20%還元だと、実質12,200円ぐらい

(2023年6月29日追記) dショッピングデーの還元率は20%から10%〜40%に変わっています。

キャノンのキャッシュバックキャンペーンも利用

さらに、キャノンのキャッシュバックキャンペーンでプリンタ購入後にキャッシュバックされます。

『今こそキャノン!かけこみキャッシュバックキャンペーン』が2019年8月30日から2019年9月30日まで開催されています。

TS8230のプリンタを購入すると1,000円キャッシュバックされます。

結果、dショッピングデーキャノンのキャッシュバックキャンペーンを利用することにより、

新品プリンタTS8230が15,280円 ー 20%還元 ー 1,000円 = 実質11,200円で買えたことになります。

 

(2020年12月6日追記) プリンタTS8230の黒が印字できない!今回はヘッドの繰り返し水洗いで解決

黒インクを新品に交換しても黒が印字されなくなりました(写真左)。また、プリンタの買い替え!?

ダメ元でプリントヘッドを外して水洗いすると、きれいに印字できるようになりました(写真右)。

ヘッドの水洗いは、次のようにしました。

・手でヘッドを持ち、水を入れた洗面器内で、ヘッドを水中で揺らして、すすぎます、ヘッドからインクが出てきて水がにごります。

・水が真っ黒になりますので、水を入れ替えて、同じようにヘッドをすすぎます。

・この操作をヘッドからインクがにじみ出なくなるまで繰り返します。

詳しくは、こちらの動画を参考にしてください。

かなりの回数、水洗いのすすぎ操作を繰り返しますが、ヘッド内のつまったインクがきれいとれるようです。動画では、お湯を使っていますが、私は水でもOKでした。

前回は、ヘッドの水洗いでのすすぎ回数が少なく、つまったインクを全部洗い流せていなかったようです。

今回は、このすすぎ繰り返し水洗い方法のおかげで、プリンタを買い替えずに済みました。

⇒ 詳細は、こちらの記事を見てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次