Amazon Mastercardの申込みはネットで完結!翌日に、もらった1万ポイントでお得に買い物ができました

Amazon Mastercardの申込みはネットで完結!翌日に、もらった1万ポイントでお得に買い物ができました

Amazon Mastercardを作ると10,000ポイントもらえました!

カードの申し込みはネットで簡単・はやい。

私の場合、ブラックフライデーの期間に、申し込みの翌日に使用枠3万円の仮カードが発行され、10,000ポイントもらえました。

すぐに、ブラックフライデーで安くなっていた13,000円の商品を10,000ポイントを使い、なんと3,000円で買えました。

もらえるポイントは入会時期や個人のAmazon利用実績等により異なるようです。

Amazon Mastercardは入会特典ポイントが翌日もらえる

私が12月にAmazon Prime Mastercardを作った時は、申込みの翌日に仮カードが私のAmazonアカウントに登録され、入会特典の1万ポイントも同時に受け取りました。

申込後の日数 日付 時間 手続き等
申込み日 12月1日 9時ごろ 申し込み開始  (カード会社のサイト)
10時ごろ 申し込み完了 (カード会社のサイト、銀行のサイト)

カード会社で審査開始

12時ごろ カード会社の審査完了
翌日

ブラックフライデー最終日

12月2日 5時ごろ Amazonアカウントに、発行された仮カードの登録(使用上限3万円)と特典1万ポイント追加完了のメール届く
8時ごろ カード入会特典の1万ポイントで買い物、残りをAmazon Mastercardで支払い
4日後 12月5日 10時ごろ Amazon Mastercardが郵送されてきた

カードの即日審査サービスは9:00から19:00の間ですので、この時間内に申し込みをしました。

さすがAmazonのカード(三井住友カード)ですね。手続きがはやい。

申し込みの翌日に、私のAmazonアカウントに仮カード(使用上限3万円)が登録され、入会特典の1万ポイントが追加されていました。

4日後に、郵送で濃い灰色のAmazon Prime Mastercardが自宅に到着しました。

今まで、作ったクレジット・カードは、発行まで2〜3週間かかった記憶がありますので、Amazonのカードは、申込み後、翌日には使えるのですから、この速さに驚きです。

入会特典ポイントも1万ポイントと多いのでお得です。

 

Amazon Mastercardの申込み手順

私が実際にAmazon Prime Mastercardを申し込んだ手順を紹介します。

1 Amazon Mastercardのページを開きます。右下の『申し込みページへ』を選びます。

2 私の場合、Prime会員ですので、Amazon Prime Mastercardの申込みページが表示されました。『今すぐ申し込む』をクリックします。

3 三井住友カードのサイトに移動しますので、このサイトで『今すぐ申し込む』を選択します。9:00から17:00の間なら即時審査サービスが利用できます。年会費は無料、Amazonで使用すると還元率が2%。

即時審査サービスは、必要事項に入力してから3分程度で、利用可能枠3万円の仮カード(Amazonテンポラリーカード)を発行するサービスらしいのですが、私の場合、3分ではなく1日かかっています。

 

4 カードの会員規約等の文章を下にスクロールして確認します。この文章は印刷したり、PDFファイルとしてダウンロードできます。

 

5 申し込み準備として、運転免許証(お持ちの方のみ)銀行の通帳やキャッシュカードを用意します。私の場合、運転免許証は必要ありませんでした。『同意のうえ、入力画面へ進む』を選択します。

 

6 Amazonプライムマスターカードのオンライン申込画面が表示されます。

・名前や生年月日等を入力します。

・勤め先や家族について入力します。

・次に、カードサービスや支払いについてを入力し、一番下の『次へ』を選択します。

 

7 オンライン口座振替設定の画面となります。『同意して次へ』のボタンを選択します。

 

8 ネット口座振替受付サービスの利用規定を確認して、『同意する』を選択します。

 

9 口座振込の申込みが開始されます。ここで、カードの支払いに使う銀行と支店を選びます。私の場合、XX信用金庫を選択しました。

 

10 次に、銀行の支店を指定します。支店名を選ぶか支店コードを入力します。

 

11 口座番号を通帳を見て入力します。

 

12 キャッシュカードの暗証番号口座名義人の生年月日現在の口座残高の下4桁を入力し、『口座振替申込』を選択します。

 

13 問題がなければ、『口座振替の設定が完了しました』と表示されます。『次へ』を選択します。

 

14 オンライン口座振替設定が無事完了しました。申込み番号を控えておきます。この後、カード会社の審査が通れば、Amazonのアカウントに仮カードが登録され、すぐに上限3万円まで買い物ができます。同時にAmazonポイントを1万円分もらえます。このポイントはすぐに買い物に使えます。カードは後日郵送で届きます。

 

カード申込みから審査完了まで約2時間

私の場合のAmazon Prime Mastercard申込み後、カード会社の審査が完了するまで約2時間でした。

申込当日のメール受取日時

件名 メールの内容
9時43分 カード申込完了
9時51分 口座振替の設定完了
12時10分 カード入会審査完了

 

カード申込みの翌日に10000ポイントゲット、即買い物に使用

私の場合、Amazon Prime Mastercardの申込みをした翌日、まだ寝ている4時40分に、Amazonからカードの登録完了メールが届きました。

『お客様のAmazonアカウントに、発行されたカード番号が登録され、入会特典のAmazonポイントが加算されました。カードは、後日カード会社より簡易書留郵便にて送られます。』

 

早速、自分のAmazonアカウントの支払い方法のページを見ると、 確かに、Amazon Mastercardが自動で登録されています。これは、仮カードですので、上限3万円までしか使用できません

 

次に、ポイント履歴のページを見ると、素晴らしい、入会特典の10,000ポイントが確かに入っていました。ブラックフライデーの最終日12月2日に間に合いました。

 

このAmazon10,000ポイントをブラックフライデーで特価となっている商品13,022円の購入に使用しました。ありがたいですね、13,022円の商品を3,022円で購入できました。

 

申し込み4日後に、カードが郵送されてきました

12月1日に申し込み、4日後の12月5日に、Amazon Prime Mastercardが届きました。

カードの表がすっきりしています。なんとカード番号がありません。セキュリティ上、裏面にカード番号を移動したようです。

カードの裏に、カード番号がありますが、浮き出た数字ではありません。サイン欄にサインを記入しました。

後は、このカードを三井住友カードの会員サービスVpass(ブイパス)に登録しました。これで毎月の利用明細が確認できます。

驚いたのが、私のAmazon Prime Mastercardの利用限度額が初めから150万円に設定されていたことでした。年金生活者なので、こんなに高額に設定されていると怖いですね。

私の他のカードの利用限度額は、楽天カードで100万円、Yahoo!JAPANカードで50万円、リクルートカード(JCB)で30万円、dカードで80万円、イオンカードで50万円、VisaLINE Payカードで80万円ですから、Amazon Prime Masterecardの利用限度額150万円が飛び抜けていますね。

私が今年65歳になり、満額の年金をもらうようになって申告した年金収入額が以前(60歳から64歳)より多くなったからでしょうか。150万円もカードを使うことはありませんので50万円ぐらいに下げた方が安心かもしれません。

 

まとめ

Amazonのクレジットカード、Amazon Prime Mastercardを申し込んで10,000ポイント得しました。

カードを申し込んで翌日に10,000ポイントが入り、すぐに使用できるところがすごいですね。

今回は、Amazonのブラックフライデーの2日前にカードを申し込みました。

ブラックフライデーの最終日に、この10,000ポイントを使用して安くなっていた約13,000円の商品を3,000円で購入できました。

申し込みの翌日カード発行、入会特典10,000ポイントというクレジットカードは他にないですね。

今回は、Amazonのカードがリニューアルした時期だったので、入会特典がびっくりするほどお得でした。

 

(2021年12月16日追記)  入会特典ポイントは時期や申し込む人によって異なるようです。

私の場合、ブラックフライデーの期間にカード入会特典10,000ポイントをもらえましたが、Amazonのサポートに聞いたところ、入会特典のポイントは申し込み時期や申し込む人により異なるそうです。