我が家のロボット掃除機 DEEBOT U3の交換部品は5,000円と家計に優しい!ルンバe5,i3,i7は12,000円と高いですね

我が家のロボット掃除機 DEEBOT U3の交換部品は5,000円と家計に優しい!ルンバe5,i3,i7は12,000円と高いですね

半年前から我が家で活躍中のエコバックスのロボット掃除機 DEEBOT U3ですが、

フィルターの交換時期です!』との音声案内が流れました。

毎日45分ぐらい掃除して、約半年でフィルターの交換時期になりました。

早速、メーカー純正のフィルターを購入して交換しました。

この機会に、我が家のロボット掃除機の維持費をルンバと比べたところ・・・

 

ロボット掃除機がフィルターの交換時期を知らせてくれる

ロボット掃除機が掃除中に『フィルターの交換時期です!』と音声で知らせてくれました。

スマホの画面を見ると、フィルターの使用残り時間が1%(1時間)となっています。

ロボット掃除機 DEEBOT U3を購入後、約6ヶ月(164回、118時間)使用しています。

→ 我が家で活躍中のロボット掃除機 DEEBOT U3についてはこちらの記事をご覧ください。

 

早速、フィルターを購入しようとネットを調べましたが、フィルター単品のみの販売はなく、他の交換部品(サイドブラシ)とのセット販売となっています。

 

フィルターを交換します

フィルターの交換部品セットを購入!

こちらが、購入した交換部品セットです。商品名は、アクセサリー・バリューパック、品番が DK3G-KTA、価格は4,950円です。

交換部品のセットですが、パッケージがオシャレです。メーカー純正品だけあってパッケージにお金をかけています。交換部品なので質素なパッケージにして価格を安くして欲しいですね。

このセットには、フィルター3セットとサイドブラシ2セットが入っています。

こちらが、フィルターです。黒いスポンジフィルターと白いフィルターが一つの袋に入っています。

サイドブラシは2セット(緑と赤)、ブラシが折れ曲がらないように工夫して梱包されています。

このサイドブラシは交換時期になるまで保管しておきます。

 

フィルターを真っ白な新品に交換します

 

1 ロボット掃除機からダストボックスを外します。フタ部から黒いスポンジフィルターと汚れた白いフィルターを外します。交換部品セットから新品のフィルターを取り出しておきます。

2 新品の白いフィルター(上)と半年使用して汚れた白いフィルター(下)です。

3 新品の黒いスポンジ・フィルター(上)と半年使用して伸びたスポンジ・フィルター(下)です。

4 ダストボックスのフタのメッシュ部に、黒いスポンジ・フィルターを装着します。

5 灰色のフィルターケースに白いフィルターを装着します。

6 フィルターケースをダストボックスのフタに取り付けます。

7 フィルターを交換したダストボックスをロボット掃除機の本体に戻します。

8 これで、フィルター交換が完了しました。古いフィルターはお役御免となりました。

 

最後に、フィルターの残り使用時間をリセットします

フィルターを交換しても、フィルターの残り使用時間の表示は0%(0時間)のままで、自動でリセットされません。

アプリのアクセサリーの使用状況画面にして、フィルターの『リセット』をタッチし、『フィルターが取り替えられていることを確認してください。』の質問にOKを選びます。

フィルターの残り使用時間が100%(120時間)となりました。

我が家では毎日45分ぐらいロボット掃除機が作動しますので、160日(=120時間 X 60分 ÷ 45分)、約5ヶ月後に、フィルターの交換時期になります

サイドブラシも使用残り時間が18%(26時間)と残り少なくなっています。後1ヶ月ほどで交換時期になりそうです

サイドブラシの交換部品は、アクセサリー・バリューパックに2セット(4個)入っていますので、時期が来れば交換する予定です。

 

ロボット掃除機の維持費はいくら

我が家のロボット掃除機の場合

我が家では、ロボット掃除機 DEEBOT U3を毎日45分使用しています。

4,950円の交換部品セットで使用できる日数は計算すると次の表のようになります。

エコバックス社の DEEBOT U3

1日のロボット掃除機の使用時間

45分 (我が家)

交換部品 フィルター サイドブラシ
交換までの使用時間 120時間 150時間
使用できる日数 160日 200日
交換部品セット 4,950円 3セット 2セット
交換部品セットで使用できる日数 480日 400日

4,950円の交換部品セットを買うと、我が家の場合、フィルターが480日、サイドブラシが400日使える計算となりますので、1年以上は追加の交換部品セットを買う必要はありません。

ロボット掃除機DEEBOT U3の年間維持費は、約5,000円ぐらい必要だとわかりました

 

iRobot社のルンバの場合

ルンバの維持費も気になりましたので調べてみると、次の表のようになります。

iRobot社のルンバ e5i3i7
交換部品 フィルター ブラシ 吸込み口の回転ブラシ
7,678円の交換部品セット 3個 3個 1セット
4,378円のフィルターセット 3個
メーカー推奨交換時期 2ヶ月に1回 年に1回 年に1回
1年間に必要な交換部品数 6個 1個 1セット

ルンバのe5、i3、i7の場合、7,678円の交換部品セットと4,378円のフィルターセットを買っておけば、1年間の部品交換に対応できることがわかりました。

ルンバe5、i3、i7の場合、これらの合計12,000円ぐらいが年間の維持費となります

我が家のエコバックス社のDEEBOT U3は、吸込み口に回転ブラシがない分、年間の維持費がルンバの半分以下の5,000円と家計に優しくなっていますね。

 

まとめ

我が家で活躍中のエコバックスのロボット掃除機 DEEBOT U3ですが、フィルターの交換時期になりました。

もうフィルターの交換?と思ったのですが、ロボット掃除機が音声で交換時期ですよ!と言うので交換するしかないですね。

ロボット掃除機は毎日動いていますので、我が家の使い方で約半年でフィルターの交換時期になりました。

約5,000円の交換部品セットを購入して、すぐに交換しましたが、新品のフィルターの白さが印象に残りました。

我が家のロボット掃除機の維持費は、ルンバに比べて半額以下だとわかりました。家計に優しいので助かります。

(2022年4月1日追記) サイドブラシも交換時期になりました

ロボット掃除機を144時間使用したところでサイドブラシも交換時期となりました。

交換部品セットに入っていたサイドブラシ2セットの内、1セット(赤と緑)を使用しました。

左の写真のように、古いサイドブラシは毛が広がって折れ曲がっています。

新品に交換後、アプリのサイドブラシの使用状況をリセットしました。次回の交換は150時間使用後となります。