芝生の雑草が3ヶ月も生えないって本当? 除草剤シバキープⅡを使ってみた

芝生の雑草が3ヶ月も生えないって本当? 除草剤シバキープⅡを使ってみた

我が家の庭の芝生が緑に染まってきました。

しかし、よ〜く見ると芝生の中に雑草も大量に生えて勢いが止まりません。

こつこつ雑草を抜かないと芝生の庭ではなく雑草の庭になってしまいます。

やや広い庭ですが、定年退職後の身なので時間はたっぷりあります。

なので、手作業で雑草を抜くことにしました。

芝生の雑草は手で抜いていては追いつかない

芝生の中の雑草は芝生を傷めずに抜く必要があるので非常に手間がかかります。

手作業では1日に2〜4坪くらいしか雑草を抜けません。

過去に抜いた箇所は、別の箇所の雑草を抜いている間に、また、新たに生えてきます。

いたちごっこです。毎日2〜3時間の雑草抜き作業の繰り返しでキリがないと思いました。

体力的にも精神的にも限界にきたようです。

芝生の雑草には芝生用の除草剤が良いかも

そこで、芝生用の除草剤をネットで調査したところ

『レインボー薬品のシバキープⅡ 粒状 1.3kg』

という除草剤が良さそうだと思いネットで購入しました。

1 パッケージ

シバキープⅡは薄いダンボール箱に入っています。上部にビニールの取っ手がありますので持ちやすいです。洗剤を買ったような感じです。

パッケージには、

『芝生にやさしく、しっかり除草』

『芝生はキレイなまま、約3ヶ月持続!』

と大きく書かれています。本当に約3ヶ月も効果が持続するのでしょうか

 

2 特長

パッケージの側面に、シバキープⅡの特長が書かれています。

『日本芝(こうらしば)の中に発生した一年生雑草や多年生広葉雑草に効果を発揮!』

『7〜10日で効き始め、約3ヶ月間効果が持続!』

さらに、除草剤の仕組みについて書かれています。

『本剤は、植物特有の生理代謝機能を阻害して、一年生雑草や多年生広葉雑草・スギナだけを枯らす仕組みです。土壌中の成分は、微生物のはたらきにより、最終的に分解されます』

これを読むと、除草剤が雑草だけに作用する仕組みと、土へ悪影響がないことがなんとなく分かります。

 

3 除草剤を散布する時期と回数

パッケージの側面に、芝生の管理表にシバキープⅡを散布する時期と回数が書かれています。

シバキープⅡ散布する理想的な時期は、3月と6月と10月の3回となっています。

 

4 詳細な取扱説明

製品箱の裏面には、特長、散布のポイント、適用雑草と使用方法、注意事項の詳細が記載されています。

 

5 パッケージを開けてみました

シバキープⅡのパッケージを開けてみました。

粒状の除草剤(左)、紙の散粒器(真中)、散布用のビニール手袋(右)が入っていました。

 

6 除草剤をまくのに便利な散粒器

パラパラまくだけ、と書いてありますが、均一に手だけで散布するのは難しいので、

付属している紙の散粒器(下の写真)を使用すると散布しやすいと思います。

散粒器は、紙箱の底に穴を4個空けただけの簡素なものです。側面に計量用の目盛線があります。

散布量は1平米当たり20〜40gと書いてありますで、散粒器の側面目盛の下から1番目と2番目のラインの間の高さになるよう除草剤を袋からすくって1平米の範囲に散布します。

 

2018年 春  1回目のシバキープ散布

早速、天気の良い日に、シバキープⅡ粒状を家の芝生に散粒器で散布しました。(4月21日)

その後1〜2ヶ月経過した芝生の状況です。

日付 芝生の写真
5月17日  (約1ヶ月後)
6月26日  (約2ヶ月後)

 

雑草がほとんど生えなくなったので驚きました本当にありがたい

今まで、こんなに雑草のない芝生の状態は経験したことがありません。

いくら定年後で時間がたっぷりあっても芝生の草取りだけで過ごすのは時間の浪費でした。

庭作業は他にも生垣や庭木の剪定作業もあるので時間に余裕ができました。

我が家の庭の広さだと、約10坪〜約19坪用 シバキープⅡ粒状1.3kgが2箱必要でした。シバキープⅡ2箱 約4,000円で3ヶ月ぐらい草取り作業から開放されるなら、もっと前から買って使うべきでした。

もう手作業による草取りには戻れません

『シバキープⅡには1.3 kgより容量の少ないタイプもありますので、庭の大きさにより使い分けができます。

シバキープⅡ   芝生の広さ 実売価格
粒剤 1.3 kg 10坪〜19坪 約 1,400 円
粒剤 900 g 7坪〜13坪 約 1,100 円
粒剤 420 g   3坪〜6坪 約 800 円
シバキーププラスα 芝生の広さ 実売価格
粒状 4kg 30坪〜60坪 約7,300円
粒状 2kg 15坪〜30坪 約2,800円
粒状 1kg 7.5坪〜15坪 約1,400円
粒状 600kg 4.5坪〜9坪 約1,200円

2018年 夏  2回目のシバキープ散布

7月に入り芝生の中に雑草が少し発生してきました。

7月9日に伸びた芝生を雑草といっしょに電動芝刈り機で刈りました。

雑草は抜いていませんので、今年、2回目の除草剤シバキープの散布が必要です。

7月12日シバキープを散布しました。

1回目のシバキープ散布が4月21日でしたので、3ヶ月弱シバキープの効果が持続したと言えます

散布濃度にもよりますので、商品の箱に書いてある

『芝生がキレイなまま、約3ヶ月持続!』

という効能は、ほぼ信じてよいと思います。

2018年 秋 3回目のシバキープ散布

10月18日に3回目のシバキープを散布しました。

2回目の散布が7月12日でしたので、約3ヵ月後の散布になります。

7月から9月の暑い時期に芝生が少し弱ったのか10月に入って雑草がぽつぽつと

発生してきましたので、もう少し早い時期に散布してもよかったと思います。

それでも、芝生全体としてはシバキープの効果がおおむね約3ヵ月は持続していると思います。

シバキープの総散布回数は年3回までと制限がありますので、今年最後の散布でした。

シバキープの効果により雑草が生えないので芝生が元気に密集するようになり、キレイな芝生の状態を1年間キープできました。

2018年〜2019年 冬の芝生でも雑草が生えません

2018年10月18日にシバキープを散布してから3ヶ月経過しました。

 

冬になり、芝生の地上部は枯れています。

以前は冬でも芝生に雑草が生えてきていましたが、シバキープの効果により、芝生中には雑草がまったく生えてきません。本当に楽になりました

2019年3月 1回目のシバキープを散布

2019年3月になりました。庭の芝生にポツポツと雑草が発生してきました。

慌てて、シバキープⅡ1.3kgを2箱買って今年1回目の散布を行いました。

今年も、シバキープⅡのお世話になります。

2019年4月 シバキープをお得に購入

2019年4月6日、お得にシバキープが買えました。

近くの西友で処分品3割引コーナーでシバキープⅡ420g (ネット実売800円)が税抜き310円の3割引で3個のみ売っていました。

安い!!!!!! 1個310円 X 0.7 X1.08 = 税込み234 円でした。なんとネット実売800円の約1/3で買えました。3個でたった約700円でした。

今年2回目の散布時期、6月に散布するのに使う予定です。

2019年6月 2回目のシバキープを散布

2019年6月に、今年2回目のシバキープを散布しました。

6月の散布はシバキープの理想的な散布時期です。

その後、1ヶ月後の芝生の状態です。

梅雨の長雨の影響なのか、芝生の緑が薄いようです。

でも、芝生内の雑草はシバキープⅡの効果により生えていません。

次の写真は、旅行で立ち寄ったプロが作った庭の写真です。芝生の密集度と緑の濃さがすごい。

どうしたら、こんなにきれいな芝生が維持できるのでしょうか。

(2019年8月10日追記)

シバキープのホームページが素晴らしい。

⇒ 『自分でできる!シバキープで芝生のお手入れ

芝生の手入れの仕方がわかりやすく、まとめてあります。

動画もわかりやすいですね。