レッドブル・ホンダの活躍を観たい!F1レースのネット配信DAZN(ダゾーン)の無料体験で実現

レッドブル・ホンダの活躍を観たい!F1レースのネット配信DAZN(ダゾーン)の無料体験で実現

今年は、F1チームのレッドブルホンダの活躍が期待されています。

現在、F1レースの無料放送がありませんので、月額料金を支払って有料放送を観るしかありません。

3月17日は、F1レース開幕戦オーストラリア・グランプリの決勝がありました。

どうしても、その日にF1レース開幕戦を観たいという欲求が高まり、有料放送サービスを探しました。

F1レースの有料放送は、インターネット配信2つとCSテレビ放送(CS309ch)があることが分かりました。

定年退職後の節約生活ですので、一番安く見たいと思い、私の環境で総費用が最も安いDAZN(ダゾーン)のインターネット配信に加入して、念願のF1開幕戦オーストラリア・グランプリの決勝レースを観ることできました

DAZN(ダゾーン)は、ちょうど、2か月無料キャンペーンに間に合いましたので、ラッキーでした。

F1レース有料放送の比較

F1レースの有料放送は、インターネット配信が2つとCSテレビ放送があります。

インターネット配信

CSテレビ放送

DAZN(ダゾーン)

フジテレビNEXTsmart

フジテレビNEXTライブプレミアム
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 税込み 1,890円 税込み 1,296円 税込み 1,717円

(スカパー基本料421円とチャンネル視聴料1,296円)

LIVE視聴
見逃し視聴

再放送あり

ネット配信で可能

テレビ画面で視聴 別途機器 5,000円(注1)をTVに追加すれば可能 CSアンテナが必要、または、光回線テレビ(月税込み810円)

注1 AmazonのFire TV Stick, Google Chromecast等。

月額費用が一番安いのは『フジテレビNEXTsmart』ですが、決まった時間に配信されるLIVEと再放送のみですので視聴時間が限定されます。好きな時間に観たいので候補から外れました。

テレビで安心して視聴できる『フジテレビNEXTライブプレミアム』は、我が家の光回線テレビでは、約4,000円(基本10〜12chセット2,700円+オプションのフジテレビNEXTライブプレミアム1ch 1,296円)も追加しないと観ることができませんので候補から外れました。

ただし、光回線テレビでもフレッツ・テレビ、ドコモ光テレビオプション、ソフトバンク光テレビ、@nifty光テレビに加入している方は、月に1,717円の追加のみで『フジテレビNEXTライブプレミアム』が観られます。

我が家も、光回線をフレッツにしておけばよかった。

DAZN(ダゾーン)』は、LIVE番組に加え、見逃し番組も視聴できます。我が家はF1放送を好きな時に観ることができる『DAZN(ダゾーン)』の2ヶ月無料体験で加入しました。

無料体験期間が2ヶ月もありますので、気に入らなければ、いつでも脱退できますので余計な出費を減らせます。

今回は、『DAZN(ダゾーン)』の加入から視聴までの体験をまとめました。

DAZN(ダゾーン)に加入(無料体験)

インターネットで”DAZN”を検索して、DAZNのホームページを開きます。iphoneやipadの場合、『DAZN』アプリをアプリストアでダウンロードして、そのアプリからでもDAZNに加入できます。

1 DAZNのホームページ『まずは、1ヶ月お試し¥0』を選択します。

2 『アカウントの作成』画面で氏名、Eメールアドレス、パスワードを入力します。

3 すべて入力が終わったら、『次のステップへ』を選択します。

4 『クレジットカード』登録画面で、カード番号等を入力し、『視聴を開始する』を選択します。

私の場合、DAZNの2ヶ月無料体験で申込みができましたので、2ヶ月後の5月17日以降に税抜き1,750円(税込み1,890円)が発生すると表示されています。『いつでも退会が可能』と記載がありますので、気楽に無料体験できます。

DAZN(ダゾーン) アプリからの視聴

『DAZN』は、パソコンのWEB閲覧ソフトやモバイルデバイス(iphone,ipad)にインストールした『DAZN』アプリから視聴できます。私の場合、iphoneとipadの両方にアプリをインストールしました。

1 アプリストアで『DAZN』アプリを検索してインストールします。

2 アプリのアイコンをタップすると、黒い画面の中央にDAZNが表示されます。

3 最初だけ、『申込みですか?ログイン』からログインします。次回から、自動でログインできました。

4 黄色いDAZNボタンをタップします。

5 登録メールアドレスと加入時に設定したパスワードを入力し、黄色いボタン『視聴を開始する』をタップします。

6 DAZNの『ホーム』画面が表示されます。画面下の『スポーツ一覧』を選択します。

7 『スポーツ一覧』画面になります、『モータースポーツ』を選びます。

8 『見逃し配信』から、『F1ゾーン:決勝』を選択します。

『F1ゾーン:決勝』の画面は4分割されています。

 画面分割されていない迫力の映像を見たい場合には、その右の『FORMULA 1 2019 ロレックス・オーストラリア・グランプリ:決勝』の方を選択します。こちらの方は、2分ぐらいのハイライト視聴と4時間ぐらいのフルタイム視聴の切り替えができます。

9 画面の上半分に視聴中の番組が縮小表示されます。この番組の右下の画面拡大アイコンをタップします。

10 全画面表示に変わりました。画面が4分割されています。左上がレース映像、左下が順位表、右上が車載映像、右下が各車のサーキット上の位置が表示されます。

11 画面をタップすると、30秒戻し、30秒送りができます。下の時間軸の♢マークを左右にずらすと好きな場面に移動できます。右下の画面縮小アイコンをタップすると、『モータースポーツ』番組一覧に戻ることができます。

DAZN(ダゾーン) 特集番組 F1ラボ の視聴

DAZNではF1レースに関連した特集番組が配信されています。F1レース結果のレビューやホンダの挑戦等です。これを見るとF1レースをより深く理解することができました。

1 ホーム画面の画面下のメニューから『スポーツ一覧』『モータースポーツ』と選びます。

2 特集のF1ラボ『開幕戦オーストラリアGPレースレビュー』を選択します。

3 各チーム毎に、レース内容や今年のレギュレーション変更内容等を迫力の全画面レース映像やコンピュータ・グラフィックにより解説されていますので、F1レース全体の知識が深まりました。

4 メルセデスのレビュー、ボッタスがトップを走り、優勝。

5 レッドブルホンダのレビュー、ホンダ11年ぶりの表彰台、フェルスタッペンが3位入賞。

DAZN(ダゾーン) アプリ再生設定

私の場合、iphoneに初めて動画再生アプリ(DAZN)を入れましたが、このアプリがなんとLINEモバイルの1ヶ月間の少ない通信容量1GBをあっという間に消費してしまい、外出先で通信速度が激遅になり痛い目にあいました。

家の中でWiFiを使用してDAZNを見ていた思っていましたが、なぜかモバイルデータ通信容量が使われてしまいました。

対策として、iphoneの『設定』から『DAZN』をタップし、『モバイルデータ通信』を切りにしました。

これで、外出時に『DAZN』アプリが動画再生でモバイルデータを消費しなくなるはずです。

DAZN(ダゾーン)との契約内容確認と脱退方法

DAZN(ダゾーン)に加入した後、契約した内容を確認できます。また、脱退方法も確認しておくと安心です。

1 アプリのホーム画面下のメニューから『その他』を選び、画面左のメニューから『マイ・アカウント』を選びます。

2 『DAZN登録情報』『契約内容』が表示されます。

名前、メールアドレス、パスワード、無料体験終了日、月額利用料、次回支払い日が確認できます。

3 退会する場合、『契約内容』の画面右の『退会する』を選びます。

退会方法は、どのサービスでもわかりにくくなっていますので、事前に確認しておくと安心です。

4 画面をスクロールしていくと、『登録中のデバイス』が表示されています。

DAZN(ダゾーン)を大画面テレビで見るには

『DAZN(ダゾーン)』で配信されるF1レースをiphoneやipadの小さな画面で見るより、テレビの大画面で見る方が迫力がありますので、それを実現する人気商品を調査しました。

Amazonから『Fire TV stick』『Fire TV stick 4K』、Googleから『Google Chromecast』『Google Chromecast Ultra』が発売されています。

この商品をテレビに接続するだけで、DAZNの映像をテレビの大画面で見ることができます。

 通常テレビ対応
 外観
製品名 Amazon Fire TV stick
Google Chromecast(第3世代)
価格 4,980円 4,980円
違い 機器のみでストリーミングができる(スマホ不要) スマホからテレビにストリーミング
LAN 802.11a/b/g/n/ac 802.11 b/g/n/ac
製品保証 90日 1年
本体大きさ・重量 85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm 32.0g 51.9 x 51.9 x 13.8 mm(ケーブルや付属品を除く) 40g
リモコン Alexa対応音声認識リモコン なし

 

4Kテレビ対応
 外観
製品名 Amazon Fire TV stick 4K
Google Chromecast Ultra
価格 6,980円 9,720円
違い 機器のみでストリーミングができる(スマホ不要) スマホからテレビに写す
LAN 802.11a/b/g/n/ac 802.11 b/g/n/ac
製品保証 1年 1年
本体大きさ・重量 108 mm x 30 mm x 14 mm (HDMI端子含む)  53.6g 58.20 x 58.20 x 13.70 mm(ケーブルと付属品を除く)
リモコン Alexa対応音声認識リモコン なし

Amazon Fire TV Stickは、機器本体のみで動画を大画面テレビに写すことができますので、スマホは必要ありません。付属のリモコンで操作できます。

Google Chromecastは、スマホにインストールしたアプリを使用して大画面テレビに動画を写します。

まとめ

2019年のF1レースの開幕戦を観たくてDAZN(ダゾーン)に2ヶ月間無料体験で加入しました。

念願のF1開幕戦を観ることができましたので満足しています。

DAZNは高速のWiFi環境が必要ですので、モバイル通信で低速な環境では画面が粗くなることがあります。

フレッツ等の光回線テレビに加入している方は、フジテレビのCS有料放送(スカパー1ch契約税込み1,717円)の方がDAZN(税込み1,890円)より視聴料が安く、オンデマンドで見逃し放送も視聴でき、録画もできるのでおすすめです。

我が家の光回線テレビ(コミュファ)は、CS放送の1chのみの加入ができませんので、余計なチャンネル(10〜12ch)分の視聴料が加算され高くなりすぎます、そのため、DAZNに加入するしかありませんでした。

 

(2019年4月1日追記)

開幕戦に引き続き、2戦目のバーレーンGP決勝もDAZN(ダゾーン)で観ることができました。

フェラーリの1-2フィニッシュかと思っていたら、突然のスローダウンや接触で3位と5位に。

レッドブルのフェルスタッペンが3位表彰台になるかもと思っていたら、セーフティカー投入で4位のままゴールに。

やはり、レースは予想通りの結果にならないので面白いです。

(2019年5月13日追記)

残念ながら、DAZNを無料視聴期間中(5月16日まで)に退会しました。2019年のF1レースを開幕レースから5レース見てからの退会です。

理由は、F1レースの内容が面白くなくなってきたからです。開幕5レースともメルセデスチームが優勝するパターンを見るだけで、応援しているレッドブルホンダが優勝する雰囲気はありません。

また、F1レースのみの視聴で月額1,890円はもったいないとも思いました。DAZNの視聴するスポーツの数によって料金が選べるといいですね。F1レース視聴だけ選べて、月額500円ぐらいだと契約したい気持ちになります。