放っておくと浴室がカビだらけに!浴室TOTOシャワー水栓のホース付け根からの水漏れ『自分でパッキン交換すれば100円ちょっとで解決!』

放っておくと浴室がカビだらけに!浴室TOTOシャワー水栓のホース付け根からの水漏れ『自分でパッキン交換すれば100円ちょっとで解決!』

浴室でシャワーを使用していると水栓シャワーホース根元から水(お湯)が漏れて、その下がいつも水がたまる状態になっていることに気づきました。

シャワーホース根元のエルボという部品を外したところ、エルボに付いているゴムパッキン(Oリング)が、長年の使用により弾力がなくなり変形していました。

そこで、ゴムパッキン(Oリング)の品番を調べて、Amazonで新品を約100円で注文し、交換すると直りました。

100円ぐらいの出費で済みました。

 

浴室の水栓シャワーホース根元からの水漏れ

1 こちらが我が家の浴室の混合水栓です。水栓の左側にシャワーホースが接続されています。

2 水栓の拡大写真です。浴室はトクラス(旧ヤマハ)製ですが、水栓はTOTO製だと思います。

3 シャワーを使うと、水栓のシャワーホース根元から水(湯)が漏れます。漏れた水(湯)がカビを発生させます。

4 漏れた水(湯)は、シャワーホース根元から下図のように水栓の下部を伝わって落ちていきます。

水漏れの原因は、ゴムパッキン(Oリング)の劣化が一番疑われますので、使われているゴムパッキン(Oリング)の状態を調べるために、水栓のシャワーホース根元を少し分解してみます。どこまで部品が外せるかわかりませんが、とりあえず挑戦します。

 

水栓のシャワーホース根元(エルボ)のゴムパッキンの状態

1 水栓の上フタは、手前に手で引くことで簡単に外れました。銀色に光っているT字形の部品がフタです。

2 水栓の品番がわかりました。『TMHG40-1BRV1』です。

3 水栓の内部を初めて見ました、汚いですね。フタを外したついでに、汚れのひどい箇所を少しきれい掃除しました。

4 これからシャワーホース根元をレンチで外していきます。今回は、水道の元栓を閉めずに作業を行いましたが、水栓関係の部品を外す場合は、水道の元栓を閉めた方が安心です。

5 シャワーホースが外れました、次はエルボと言う部品を左に回して外します。

6 エルボが外れました。

 

エルボのゴムパッキン(Oリング)の劣化状況

1 エルボの細い方のねじ部に黒いゴムパッキン(Oリング)が付いているのがわかります。

2 ゴムパッキン(Oリング)取付部の拡大です。経年使用により弾力がなくなり変形しています。

3 エルボからゴムパッキン(Oリング)を外しました。黒いドーナツ形状のものがゴムパッキンです。

4 ゴムパッキン(Oリング)の外側が変形しています。通常は円形ですが、凹んでいます。

この変形したゴムパッキン(Oリング)を新品に交換すれば、水漏れが止まると思いました。

次に、新品をどうやって手に入れるかです。

古い製品の消耗品は供給停止になっている恐れがあります。

 

ゴムパッキン(Oリング)の品番調査と購入先

水栓の品番がわかっていますので、TOTOのホームページで、この品番を検索することにしました。

1 TOTOの製品の分解図公開ページで、我が家の浴室水栓の品番『TMHG40-1BRV1』を検索しました。ズバリ同じ品番はなく、最初の方が品番が一致したTMHG40-1 Bの分解図が手に入りました。

 

2 エルボ(TH13189)部分を拡大すると、エルボの形は我が家のものと同じと思われますので、ゴムパッキン(Oリング)の品番は『TH93336E』だとわかります。

 

3 さらに、ゴムパッキン(Oリング)の詳細情報を見ると、発注品番は『TH93336E』だと分かりました。価格は税込132円となっています。TOTO パーツショップでも買えますが、全国一律送料550円が必要です。送料を入れると682円です。

4 ダメ元でAmazonを調べると販売していました。プライム会員だと送料無料で約100円です。TOTOのパーツショップだと税込682円必要ですから、いかにAmazonがお得かわかります。


TOTO Oリング TH93336E

新品のゴムパッキン(Oリング)に交換しました

1 Amazonで購入した約100円のゴムパッキン(Oリング)『TH93336E』です。

2 新品のゴムパッキン(Oリング)をエルボに取り付けてから、水栓にエルボを右に回転させてねじ込みます。

 

3 エルボを手で右にくるくる回します。

4 エルボのホース接続側がほぼ下向きになるまでねじ込みます。

5 エルボにシャワーホースを接続します。

 

6 エルボのねじ部にシャワーホースのナットをねじ込みます。

7 エルボにシャワーホースが接続できました。

この後、シャワーホースから水(湯)を出してエルボ部から漏れがないことを確認しました。

ゴムパッキン(Oリング)の交換でも水漏れが直らない場合は、エルボ(TH13189)のネジ部が劣化している可能性がありますので、エルボ(TH13189)も交換することになります。Amazonで4,500円ぐらいで販売されています。


TOTO シャワーエルボ TH13189

交換のようすを動画にまとめました

 

 

まとめ

今回、浴室のTOTO水栓のシャワーホース根元からの水漏れが

約100円のゴムパッキンの交換だけで解決しました。

こんなに安く解決できたのは、

・TOTOのホームページから水栓の分解図が入手でき、ゴムパッキンの品番がわかったこと。

・AmazonでTOTOのゴムパッキンが送料無料で安く販売されていたこと。

でした。