今年の我が家の芝生は黄色のサッチが多い!サッチ分解剤『シバキープPro』で目にあざやかな緑の芝生にしたい

今年の我が家の芝生は黄色のサッチが多い!サッチ分解剤『シバキープPro』で目にあざやかな緑の芝生にしたい

今年の我が家の芝生は、黄色い箇所が目立ちます。

黄色い箇所は、枯れた芝生等が堆積したサッチが多い箇所のようです。

今までは手作業でサッチを取り除いていましたが、今年はサッチ面積が大きいので手作業では大変です。

そこで、まくだけでサッチを分解してくれるという『シバキープPro』という商品がありましたので試してみることにしました。

シバキープPro』は、ゴルフ場で使用されている『イデコンポS21』と同じサッチ分解剤です。

ゴルフ場で使われているものなら、我が家も目にあざやかな緑になるではと期待しています。

 

我が家の今年の芝生はサッチが気になります

我が家の今年の芝生は、中央部分が黄色になっています。周辺は緑色です。

この黄色の部分には、サッチが多く残っているようです。

こちらが、ネットで注文したサッチ分解剤の『シバキープPro』です。2.8kg入っています。約21坪の芝生に散布できます。

箱からサッチ分解剤の入ったビニール袋を取り出して開封し、付属の紙製の散布器を使って芝生の上にパラパラとまきます。

 

⇒  シバキープProのまき方は次の動画が参考になります。

 

庭全体にサッチ分解剤を散布しました。もう少し粒が小さい方が散布しやすいと思いました。

芝生の大きさからサッチ分解剤の粒の大きさがわかると思います。

この後、水を撒いた方が良いらしいのですが、明日雨の予報ですのでこのままにしておきました。

効果については、今後の記事で紹介したいと思います。

 

芝生のサッチ分解剤『シバキープPro』はどこが安い

芝生のサッチ分解剤『シバキープPro 2.8kg』は、Amazonが安く早く手に入ります。

シバキープPro外観 ネットショップ 実質価格
Amazon 2,808円 基準
Yahoo!ショッピング 3,047円 +239円
楽天市場 3,239円 +431円

注:実質価格は2021年5月時点の販売価格+送料ポイントです。最新の実質価格はショップをクリックしてください。

 

届いた『シバキープPro 2.8kg』の外観

1 芝生のサッチ分解剤のシバキープPro 2.8kgの外観です。

2 箱の正面です。『年に2〜3回まくだけ。バチルス菌が効く!刈りカスを減らすから芝生がキレイに育つ。機能性有機肥料、ゴルフ場でも使われている。』と書いてあります。

3 箱の裏面です。シバキープProの特長や使用方法についての説明があります。

特長として『●ゴルフ場でも使われているバイオ技術商品です。●良質な有機肥料に「サッチ」分解機能をもつバチルス菌を配合しています。●透水性と通気性を向上させ、芝生の生育環境を改善します。●病原菌の巣窟となる「サッチ」を減らし、病気にかかりにくくします。●分解された「サッチ」は肥料効果を発揮します。』と書いてあります。

使用方法について、『本品をそのままパラパラと均一にまいてください。使用場所:あらゆる芝生、散布頻度:年2〜3回、使用期間:芝生の生育期(3月〜10月中旬)、使用量:40g/平米、本品を散布した後に散水すると効果的です。』と書いてあります。

さらに、芝生のメンテナンス方法が書いてあります。芝生の刈り込みや目土入れ、エアレーションについて説明があります。

4 箱の側面です。サッチについての説明があります。『サッチとは??刈り込みで生じる「刈りカス」「枯れ葉」などの茎葉が蜜に混じった堆積層の事。特に芝生は繊維が硬いので堆積しやすいです。サッチが過剰に堆積すると・・・透水性と通気性が悪くなる。病害虫発生の温床となる。肥料や薬剤の効果が発揮されなくなる。⇒ 芝生の生育には悪影響「シバキーププロ芝生のサッチ分解剤」で過剰なサッチは分解し、健全な芝生を育てましょう!!』と書いてあります。

5 もう一方の側面です。肥料の成分表記があります。サッチ分解剤ですが、肥料成分もあるため、このような表記になるのでしょうか。『肥料の名称:イデコンポ21S、保証成分量(%):窒素全量 4.0、リン酸全量 3.0、加里全量 1.0、正味重量:2.8キログラム、生産者の氏名:出光興産株式会社、販売業者の氏名:レインボー薬品株式会社』、使用上の注意として、『本品に有効期限はありませんが、開封後はなるべく早くお使いください。』と書いてあります。

この成分表記から『シバキープPro』はゴルフ場で使われている出光興産の『イデコンポ21S 20kg』を家庭用に少量2.8kgをパッケージしてレインボー薬品が販売していることがわかります。

生産と販売が違う会社だと、輸送やパッケージ等で価格が高くなっているような気がしました。

そこで、出光興産が直接販売している商品がないか調べてみることに!

ありました、出光興産が家庭用として『イデコンポガーデンEV』を販売しています。

次の表は、生産と販売が別の『シバキープPro』と、生産と販売が同じ『イデコンポガーデンEV』のお得度を比較したものです。

シバキープPro 2.8kg イデコンポ ガーデンEV 3kg イデコンポ ガーデンEV 5kg
外観
販売価格 2,836円 4,290円 5,390円
散布量

1平米40g

1平米30g 1平米30g
散布できる面積

70平米

100平米 167平米
お得度 No.2
1平米当り40円
No.3
1平米当り43円
No.1
1平米当り32円
クチコミ クチコミ クチコミ クチコミ

結果、『イデコンポガーデンEV 5kg』が『シバキープPro 2.8kg』よりお得だとわかりました。

シバキープPro』は1平米40g散布ですが、『イデコンポガーデンEV』は1平米30gと少なくて済みます。

⇒ イデコンポガーデンについては次の動画を見てください。

今回、『イデコンポガーデンEV 5kg』を知らずに『シバキープPro 2.8kg』を選びました。

次回はお得な『イデコンポガーデンEV 5kg』を購入したいですね。

 

届いた『シバキープPro 2.8kg』の箱を開けると

1 シバキープPro 2.8kgのパッケージを開けます。

2 ビニール袋に入った粒状のサッチ分解剤と緑色の厚紙が見えます。

3 箱に入っていたものをすべて取り出しました。

4 ビニール袋に入った粒状のサッチ分解剤です。2.8kg、約21坪分です。粒が大きいですね。もう少し小さい粒を想像していました。袋に書いてある文字がすべて緑色です、芝生の色に合わせたのでしょうか。

5 組み立て前の散布器です。こちらは明るい緑色です。イカの形に似ています。

組み立ては簡単でした。これにサッチ分解剤を入れて芝生にまきます。

散布器の内側に、1平米にまく約40gの目安となる範囲が濃い緑色で印刷されています。

この散布器で1回1平米分のサッチ分解剤40gを散布する場合、2.8kg全部を撒くのに、ビニール袋からサッチ分解剤を70回(=2800g÷40g)すくうことになります。

6 親切に薄いビニール手袋が入っていましたが、除草剤ではないのに必要なの?と思いました。

 

まとめ

今回、初めて芝生のサッチ分解剤『シバキープPro 2.8kg』を庭全体に散布しました。

今後、我が家の芝生の黄色いサッチ箇所が濃い緑になるか楽しみです。

効果については、今後の記事をご覧ください。

サッチ分解の効果が実感できれば、次回はお得な『イデコンポガーデンEV 5kg』を購入したいと思います。

我が家の芝生は『シバキープⅢ』除草剤により雑草から開放されました。

今度はサッチから開放されるでしょうか。

これから暑い中、サッチ取り作業は避けたいです。

 

(2021年6月7日追記) シバキープPro散布12日後の芝生の状態

サッチ分解剤シバキープProを散布してから12日経過しました。少し効果が現れてきました。散布前の黄色の部分が緑になってきました。今後が楽しみです。

散布前 5月26日の芝生

散布後12日後 6月7日の芝生