60歳定年退職後!3年待ってようやく特別支給の老齢厚生年金【報酬比例部分】受取開始も年金額はガックリ

60歳定年退職後!3年待ってようやく特別支給の老齢厚生年金【報酬比例部分】受取開始も年金額はガックリ

5月11日に日本年金機構から封書が届きました。

開封してみると、待ちに待った年金支払通知書が入っていました。

初めての年金は、5月15日に銀行に振り込まれます。

年金額は、65歳からの年金額の66%と少ないですが、ないよりはましです。

60歳で定年退職後、3年待ってようやく年金が受け取れました。

40年もの長い間、年金保険料を払ってきての初めての年金支給です。

これからは、年金という定額収入が確保されますのでひと安心です。

年金で不足する場合には、貯金から補填するつもりです。

年金支払通知書

1 日本年金機構から郵送されてきた封筒の表面(左)と裏面(右)です。

2 封筒を開封して中に入っていた書類3枚です。

左から、『年金支払通知書』『年金決定・支給額変更通知書』『年金決定・支給額変更通知書 記載事項の説明』です。

3 『年金支払通知書』の表面(左)と裏面(右)です。

4 『年金決定・支給額変更通知書』の表面(左)と裏面(右)です。

裏面下の決定・変更理由欄の内容です。

『年金の支払いを停止していた理由がなくなったため、年金の支払いを開始しました。』と記載されています。

私の場合、平成30年3月から平成31年2月まで、失業給付を受給していましたので、その間、年金の支払いを停止されていました。

⇒ 詳細は、こちらの記事を見てください。

平成31年3月からはその停止理由がなくなったため、平成31年3月分から年金が支給されます。

その支給日が事務手続きの都合で、なんと2ヶ月遅れの5月15日に1ヶ月分の年金が支給されるのです。

4月と5月分の年金は6月15日に支給されるそうです。

なぜ3年も待ったのでしょうか

私の生年月日では、年金の支給開始年齢は次のようになっています。

62歳から黄色の『特別支給の老齢厚生年金報酬比例部分』が64歳まで3年間支給されます。

65歳からは、『老齢厚生年金』と『老齢基礎年金』が支給されます。

年齢 経過年 厚生年金
年金額 収入
老齢厚生年金 老齢基礎年金
60歳 0 0 再雇用で5ヶ月間給与
61歳 1年 0 なし
62歳 2年 特別支給 → 停止 66%→0 失業給付 (年金支給停止)
63歳 3年 特別支給(2019.3分〜) 66% 66%年金支給開始
64歳 4年 特別支給 66% 66%年金支給予定
65歳 5年 支給 支給 100% 満額年金支給予定

私の場合、2年目(62歳)から4年目(64歳)まで『特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)』が3年間支給される予定でしたが、失業給付の受給と重なったため、初回から年金が停止されました。

3年目(63歳)の今年2月に失業給付の受給が終了しましたので、今年の3月分の年金を5月に初めて支給されることになりました。

お役所仕事ですので、今年2月に失業給付が終了してから、3月分の年金が支給されるまで2ヶ月も待たされました

その間、年金事務所に出向いて年金支給日を聞くまで不安でした。

今後、65歳までに特別に支給される年金はなくなる

私の生年月日では、黄色の『特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)』は、62歳支給でしたが、

私より年齢の若い方は、順次、この年金の支給年齢が遅くなります。

生年月日(男性) 生年月日(女性) 年金支給開始年齢
昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日 昭和37年4月2日〜昭和39年4月1日
昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日 昭和39年4月2日〜昭和41年4月1日
昭和36年4月2日〜 昭和41年4月2日〜

生年月日が男性・昭和36年4月2日以降女性・昭和41年4月2日以降の方は、黄色の『特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)』は支給されなくなります。

ということは、60歳で定年退職しても5年間は、まったく無収入になってしまいます。

今後、65歳定年の会社が増えると思われますが、個人で入る年金「iDeCo」等により老後の資金を増やしておきたいですね。

私の場合、60歳〜61歳の無年金期間と62〜64歳の66%年金期間に危機感があり、在職中にその不足分を少しでも補えるよう会社の定期預金増額、個人年金加入等を行っていましたので、その分、助かっています。